沿革

早期胃癌研究会 沿革

(敬称略)

1960年

村上忠重、木村喜代二、白壁彦夫、常岡健二、市川平三郎、
崎田隆夫、芦沢真六、竹本忠良、並木正義、近藤台五郎、高田洋、

春日井達造らにより「初期癌研究会」発足
1964年

名称を「早期胃癌研究会」と変更

1966年

機関誌「胃と腸」誌が株式会社医学書院より発刊

初代「胃と腸」編集委員長(初代「早期胃癌研究会」代表 兼任)に村上忠重が就任

※「胃と腸」編集委員長は「早期胃癌研究会」代表を兼任
(2003年3月迄)

 

初代 村上忠重 (1966年~1978年6月)

二代 芦澤真六 (1978年7月~1982年12月)

三代 市川平三郎(1983年2月~1984年3月)

四代 竹本忠良 (1984年4月~1986年3月)

五代 八尾恒良 (1986年4月~1995年3月)

六代 多田正大 (1995年4月~2000年3月)

七代 牛尾恭輔 (2000年4月~2004年3月)

八代 飯田三雄 (2004年4月~2007年3月)

九代 芳野純治 (2007年4月~2011年5月)

十代 松井敏幸 (2011年6月~2013年3月)

十一代 鶴田 修  (2013年4月~)

1967年

「財団法人早期胃癌検診協会」(現、公益財団法人早期胃癌検診協会)設立

1975年

「胃と腸」誌創刊者 村上忠重先生を顕彰し、村上記念「胃と腸」賞を創設

※対象:「胃と腸」誌に掲載された論文のうち"消化器疾患の病態解明に寄与した優れた研究"
(「胃と腸」に掲載された論文に限定する)

1994年

白壁彦夫先生の偉業を讃し「白壁賞」を創設

※対象:「胃と腸」誌に掲載された論文に限らず"消化管の形態・診断学の進歩と普及に寄与した優れた研究"
(応募・推薦の研究論文も選考対象)

1997年

研究会会場を「エーザイ株式会社本社5階ホール」から「東商ホール 他」に変更

2003年

「早期胃癌研究会年間優秀症例賞」を創設

※対象:早期胃癌研究会月次例会および胃と腸大会にて提示された症例

2003年4月

「早期胃癌研究会」・「胃と腸」新体制のもと運営開始

「早期胃癌研究会」は「早期胃癌研究会」「エーザイ株式会社」「早期胃癌検診協会」3者共催として運営

初代「早期胃癌研究会」運営委員長に多田正大が就任

2006年4月

「早期胃癌研究会」 「会則・細則」の発布

二代「早期胃癌研究会」運営委員長に浜田勉が就任

2010年4月

三代「早期胃癌研究会」運営委員長に斉藤裕輔が就任

2012年1月

「胃と腸」誌 創刊号(1966年4月号)からバックナンバーを電子化

早期胃癌研究会 運営体制

運営体制フローチャート